壮光舎印刷の取り組み Compliance

壮光舎印刷では、「お客様が満足する製品づくり」と「安心・安全な環境づくり」を心がけております。また、2014年にCSR(Corporate Social Responsibility)を取得し、企業の社会的責任法令を遵守しております。

環境マネジメントシステム(ISO14001)

ISO14001マーク:CERTIFIED

壮光舎印刷グループでは、以下の3つを目的にして環境マネジメントシステムを作成する。

  1. 法規制等を順守する。
  2. マネジメントシステムのパフォーマンスや仕組みを継続的に改善していく。
  3. 目標達成に向けて取り組む。

壮光舎印刷株式会社
代表取締役社長 渡辺 善広

グリーンプリンティング

グリーンプリンティングマーク:F-B10080

 本社・本社工場およびグループ会社〔壮光舎プロセス㈱、㈱光情報東京支社、㈱グリーン〕は、環境に配慮した工場として、(一社)日本印刷産業連合会よりグリーンプリンティング認定を受けました。(平成20年12月10日)

 印刷サービスグリーン基準(※)に則った資材を使用し、グリーンプリンティング認定工場が製造した印刷製品には、グリーンプリンティングマークを付けることができます。詳細については、お気軽にお問合せ下さい。

印刷サービスグリーン基準は、(一社)日本印刷産業連合会が制定した印刷産業界の環境自主基準です。

環境方針

■基本理念

 人間を含むすべての生物にとって、かけがえのない生活環境を提供する地球。しかし、すべてが暮らすこの大地、海、空は、人間の活動により、いとも簡単に壊れてしまいます。
 現在に生きる人々、未来に生まれ来る人々、そして様々な動植物が安心して暮らしいくためには、この繊細な環境を継続的に守っていく必要があります。
 壮光舎印刷グループでは、全社員で環境に対する意識を高め、社会経済活動による環境への負荷をできる限り低減させ、限りある資源の消費を抑え、かつ循環させることで、地球環境の保全に努めます。

■基本方針

 環境基本法の事業者の責務に基づき、

  1. 大気、土壌、水に対する公害防止
  2. 再利用、再使用を考慮した廃棄物処理
  3. 環境負荷の小さい原材料・製造工程の採用
  4. 法令の遵守

に努めるとともに、製品、工程における環境への影響を特定し、その負荷を削減できるよう目標を定め、継続的に改善を図ります。

■行動指針

  • VOC発生の抑制に努めます。
  • 廃液の管理を徹底します。
  • 廃棄物の徹底分別に努めます。
  • 社内のエネルギー消費を管理し、省エネルギーに努めます。
  • 中間生成物のデジタル化を図り、廃棄物の排出を削減します。
  • グリーン製品の提供・購入により、製品の再資源化率向上を図ります。
  • 本方針を社外に公開します。

改定日 2011年7月20日
制定日 2008年10月14日

壮光舎印刷グループ
環境保全委員会

CSR(ワンスター認定)

CSRマーク:P-00072

企業価値を評価する認定制度

2014年6月に全日本印刷工業組合連合会の認定制度「CSR認定」ワンスターを取得しました。CSR認定は、印刷業界が策定したCSR基準に達していることを意味し、ワンスター、ツースター、スリースターとレベル分けされています。星の数が増えるほど高い基準をクリアしていることになります。
壮光舎印刷では、スリースター取得を目標に活動していくことはもちろんですが、社員一人ひとりが会社や仕事に誇りを持ち、積極的にCSRに取り組んでいく姿勢が大事だと考えています。

CSR認定制度について、詳しくは http://www.aj-pia.or.jp/csr/main.htmlをご覧ください