企画 Planning

壮光舎印刷では、お預かりしたデータを出力する際、アプリケーションのバージョンやご使用のフォントなどを、可能な限り正確にお調べした上で作業を行っています。しかし、データチェックだけでは判断できないこともあり、それが出力トラブルにつながる場合もあります。下記の対応ソフトや注意事項を参考にしていただき、データを入稿していただければと思います。ご協力お願い致します。

対応ОS

Windows
Mac

入稿データ対応ソフトとVersion

Illustrator 8、9、10、CS、CS2、CS3、CS4、CS5、CS6、CC、CC2014
InDesign 2、CS、CS2、CS3、CS4、CS5、CS5、5、CS6、CC、CC2014
Photoshop CS2、CS3、CS4、CS5、CS6、CC、CC2014
Acrobat 7pro、8pro、9pro、Xpro、Xipro
Quark Xpress 3.3、4、6、8、9

入稿時の注意事項

ネイティブデータ入稿の場合

  • 入稿時に、ソフト名やバージョン(Mac、Windows等)を明記してください
  • In Designでの入稿の場合はパッケージをして入稿してください。
  • Quark Xpressでの入稿の場合は出力ファイルの収集を行ってから入稿してください。
  • データの出力見本を必ず添付してください。(PDFでも構いません)

PDF入稿の注意事項

  • 単ページでデータ作成してください。
  • フォントはすべてアウトライン化、もしくは埋め込みで作成してください。
  • 断ち落としを仕上りより3mmに設定してトンボ(トリムマーク)を設定してください。
  • RGBはCMYBkに変換して貼り込んでください。当社で変換可能ですが、色域が狭くなるため色味が暗くなります。
  • カラー、グレースケールの画像は印刷用では、350dpiが必要になります。
  • モノクロ2階調の画像は印刷用では、1200dpiが必要になります。